勝つための店選び - 引き弱でも勝てることを証明したい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝つための店選び

前回の記事でお話した通りパチンコ屋さんは莫大な出費を回収してして更に利益を取らないといけないので、やはりそう簡単には勝たせてもらえません。

前回の記事→パチンコ屋さんって儲かってんの?

しかし、勝っている人は実際にいるわけでスロットだけで生活している人も実際にいます。

じゃあ、どうやって勝っているのか?ということで今回は勝つ為のお店選びについて書かせていただきます。




あなたはどういう理由でお店を選んでいますか?



一番多い理由はお店が近いからだそうです。これは私の会社の調査で出た物らしいです。
詳しくはわかりませんが(^^;;

あと、それぞれ理由ってあると思います。


この店は勝てる気がする。

相性がいい。

あっちの店は出ないから



などなど、100人いれば100の答えもありますね。

私が教えたいのは勝てる店の選び方です。
勝てそうとか、相性とかそういったのではなく理屈をもって考えた時の店選びです。



まずは、このスロットで稼ぎたいと思うのであればマイホールをしっかり選ぶことをお勧めします。

選ぶ情報として

稼働状況

客のレベル

ライバルの有無

お店の癖



この4つを考えて選べればgudoです(^^)



まぁ、初心者の方は何を言っているのかわからないかと思います。






まず、わかりやすいのは稼働状況だとおもいます。

この店は混んでるなぁとかスカスカだなぁとかそんな感じのことです。


これは、自分が台を打ち終わって次の台を打つまでに、混んでいれば空台をが無い。

スカスカだと空台が全く回ってない。さっき見た時と変わってない

など、その店の込み具合によって立ち回りにくくなります。





続いて客のレベルです。

これは自分が打てそうな台を捨てて行ってくれる人がどのくらいいるかですね。

やはり、年配の人とかは台の知識があまりなかったりもしますので、ポロっとお宝台を作ってしまうことがあります。

あとは、昼間からサラリーマンとか。

仕事の合間の可能性もありますのでスーツ姿の人は要チェックです。

急に会社から呼び出されて思わぬお宝台を捨てて行ってくれるかもしれません。

あとは若い人が多いとかだと、きっちりゾーン抜けでやめていったり、もしかしたらスロットで生活している可能性もありますので打ちてのレベルっていうのは自分の感覚でいいので感じ取った方がいいと思います。




そして、客のレベルと似てますがライバルの有無です。

どう違うかというと、あなたがやろうとしている勝てる台しか打たないってことです。

見てればわかるようになると思います。

データ機の見方だって、素人の方はAタイプでもないのに合算確立とか平均の確立とかを見て出てる台に座ります。

これって正直あてになりません。

突入率には設定差はありますが、継続率には設定差がないものがほとんどですので回数だけ見てても何にもならないんですね。

私の場合は最近だと前回のモードで現在のモードがある程度推測出来る台などありますので、前回の大当たりしたゲーム数をチェックします。

少しレベルわあげるなら、その台はAT機なのかART機なのかも考えた方がいいです。

なぜなら、大当たりしてすぐデータ機に反映されるAT機もあれば

大当たり後突入リプレイ成立でデータが上がるART機があるからです。

これって以外と重要ですので頭の隅にでもおいて置いてください。



あとは、当日大当たりのしてない台を一生懸命携帯片手に計算してる方はライバルの可能性が非常に高いと思います。




それでまとめますと



稼働は低すぎず高すぎず、だいたい30%〜60%くらいがちょうどいいですかね。

お客さんは年配の方(知識があまりない方)&時間の縛りがある方が多い店を探す

そして、ライバルは少ないに越したことはない。



でも、スロットでプラスにしてる方は3,4店舗くらいは立ち回れる自分のナワバリみたいの持ってるんで必ずライバルはいますよ。


そんな感じで自分の立ち回りやすいホールを見つけて見てください。







さて、店の癖を飛ばしていました(^^;;

これは、打たないことにはわかりません。

どうやって癖を見るかというと変更の判別が効く機種を毎日見てればわかってきます。

例えば私の大好きなスナイパイは朝一一回転回せば変更の有無がほぼわかります。

これは台数少なくバラエティに置いてあればバラエティの設定変更の頻度の目安になってきます。


同じく朝一ガックン判別の出来る機種。ガックンとは朝一の一回転目だけリールが引っかかったような動きをすることです。

ガックンでも変更のの有無の情報が入ります。ただし変更から開店までに回していればガックンはしません。
お店も対策をする可能性もありますので覚えておいてください。

しかし、下見の時に写メでリールを撮っておけば対策の対策も可能w

すると、この店は対策する店なんだとお店の癖がわかってきますね。

いろいろなところから情報を集めてれば自然にお店の癖が見えてきます。少し時間はかかるとは思いますが(^^;;



そして絶対やっちゃいけないのが、設定の入ってるかわからないお店での設定の狙いです。

結局設定1でも6を一時的に上回る確率になることはしょっちゅうあります。

そこで、今日この店は入る日なのかということを予測できるかできないかでは勝率が変わってきます。

存在しない6を探しても見つかるはずありませんよね(^^;;


お店の癖を知って初めて効率のいい立ち回り方が可能となりますので、自分の通ってるホールはどうなのか今一度分析し直してはいかがでしょうか?







役に立ったと思ったら
  応援よろしくです↓


     にほんブログ村 スロットブログへ
     にほんブログ村 スロットブログ スロット収支へ
     にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://korekaradaze.blog.fc2.com/tb.php/29-09434d1d

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。